ARTICLE記事一覧

ユニフィットの社員が、担当プロジェクトの広告実績を紹介したり、日々感じていることなどを書き綴っています。またマーケッターが市場の動向を切り裂くフリーペーパー『MAiL』や世の中の(生活者の)トレンドやニーズ、価値観を把握し、広告制作へ反映するために行っている定量調査の分析も公開しています。

2020-09-05 MAiL 特集記事

「おうちでフィットネス」成功のカギは?

需要が高まりつつあるオンラインフィットネス。
新しい運動スタイルとして、大手から小規模企業まで一気に市場が広がりつつありますが、
ユーザーはどういったコンテンツを好むのでしょうか。
YouTubeやTikTokからヒントをなにか得られないか、
今回は普段積極的に運動をしない私が気になったチャンネルを紹介します。

ダンスで痩せる

TikTok・YouTubeを中心に若者の間で流行している「HANDCLAPダンス」はご存知でしょうか。今回の自粛期間中に有名な芸能人やユーチューバーの間が公開してマネする人も多く、「2週間で10キロ痩せる」のキーワードで話題になりました。3分間、曲に合わせて運動をするのですが内容はエアロビクスに近い運動になっており難易度も簡単でマネしやすいのが話題になって要因ではないでしょうか。元ネタは「韓国の2人組ダイエッターJosh&BamuiがYouTubeに投稿した動画。この2人組のチャンネルでは「2週間で10キロ痩せるダンス」をコンセプトに様々な流行りの曲に合わせて、ダンス×フィットネスの動画がアップされています。「HANDCLAPダンス」は実は2017年に公開されており、これまでに4000万回再生されています。2019年にも流行っており今回コロナの自粛期間中で再度また話題になりました。

続けられるポイント

ここまで話題になった要因は前にも記述したように、だれでも簡単に、程よく運動した感が味わえるからだと思います。限界まで追い込むクロスフィットとは違い、3分間という短い時間・シンプルな動きのみなので、意思が弱くても続けられるのがポイントです。また動画の中には韓国アイドルの人気曲に合わせて振付も取り入れたエクササイズやラテン系の曲に合わせた難易度の高いダンスもあります。2週間で10キロ痩せられるかというと実際にはかなり難しいとは思いますが、「3分だけ」「ダンスを踊っている気分になれる」「好きな曲に合わせられる」「程よく疲れる」のが人気のポイントではないでしょうか。

気軽に運動しに来てくださいとは言えないこの状況だからこそ、普段運動とは無縁の方にも楽しく続けられるプログラム作りが重要かもしれません。 またダイエッター系ユーチューバーの、「筋トレ」「ジムでのトレーニング方法」などの動画ではファンの方からの質問が口コミに良く書き込まれています。読んでいくと、ジムや運動が続かない具体的な理由だったり、悩み事が書かれています。過去にジムに通っていたけど続かなかった人の「個々が離脱した理由」も書き込まれていたりするので、意外と参考になるかもしれません。

個人的に2週間で10キロ痩せるダンスシリーズのツボは、
2人のうち女性はダンスがとてもうまく男性が普通なところです。
親近感がありチャレンジしやすいです。

FITNESS MAiL AUTUMN号 PDFはこちら

CATEGORY

TAG

WRITER

名前

この記事を書いた人

アカウントプランナー

奥村麻梨子

関連記事

一覧に戻る