ARTICLE記事一覧

ユニフィットの社員が、担当プロジェクトの広告実績を紹介したり、日々感じていることなどを書き綴っています。またマーケッターが市場の動向を切り裂くフリーペーパー『MAiL』や世の中の(生活者の)トレンドやニーズ、価値観を把握し、広告制作へ反映するために行っている定量調査の分析も公開しています。

2022-06-13 MAiL フィットネス

コロナ禍を追い風に、eスポーツ×フィットネスの実証

ゲーム文化の顕在化

新型コロナウイルスの流行をキッカケに、自宅で楽しめるオンラインフィットネスサービスがブームとなった。しかし、課題として挙げられたのがモチベーション維持の難しさである。そこで運営は、FITRISをオンライン上で競い合うeスポーツイベントとして開催。オンライン上のスタジアムに集客し、ネット配信をするといった、従来のフィットネスゲームよりも競技要素が強いものとなっている。また、リアルでのフィジカルとバーチャルでのゲーム性をリンクさせることで、フィットネス×eスポーツを実証した。仕事と家庭を両立させる多忙な中年世代でも自宅でスマホ片手に手軽に参加でき、全国各地の人とオンライン上で対戦することで繋がりが生まれる。そして、自宅でのフィットネスゲームを超えたeスポーツならではの面白い取り組みで、フィットネスを継続する動機づけに繋げた。

フィットネスの多様化

KADOKAWA Game Linkageによると、国内のeスポーツ市場は、2023年には180億円規模に拡大する見通しだ。しかし、世界で見ると日本はまだまだ市場規模が小さく、国内のeスポーツ業界はまだまだ成長期であり、発展の余地がある。
フィットネス市場においても、ファッションや音楽、エンターテインメントなどをミックスした企業間コラボや革新的商品開発に火をつけており、多様性に合わせたフィットネスの変革は、今後も必要になってくるだろう。

その中でも、今後ますます新たなサービスや需要が増え、世界的に注目を浴びるeスポーツへのフィットネスの参入へ注目していきたい。

「リアル」から「デジタル」へ移行しているフィットネス市場。従来の概念に囚われないコンテンツの動向に、今後も注目していきたいです!

FITNESS MAiL SUMMER号 PDFはこちら

CATEGORY

TAG

WRITER

名前

この記事を書いた人

アカウントプランナー

半夏美咲季

関連記事

一覧に戻る