ARTICLE記事一覧

ユニフィットの社員が、担当プロジェクトの広告実績を紹介したり、日々感じていることなどを書き綴っています。またマーケッターが市場の動向を切り裂くフリーペーパー『MAiL』や世の中の(生活者の)トレンドやニーズ、価値観を把握し、広告制作へ反映するために行っている定量調査の分析も公開しています。

2020-08-25 MAiL コラム

会えないから出来ること

今年の夏は新型コロナウイルスの影響で、
実家に帰れなかった人が多くいたと思います。
そんななか福島民報は、8月21日の紙面でこんなときだからこそ利用しやすい、
新聞を使った里帰りの方法を提案しました。
「おくる福島民報」と題されたこの新聞は、
紙面に印刷されている折り線に沿って折りたためば、
手紙サイズになり郵送できるようになっています。

福島県と連携し、福島の地元紙である福島民報を
県民の手から手紙として全国に届ける企画で、今年で3年目を迎えます。
「離れていても、おかえりなさい」をテーマに、
紙面全体には活気にあふれる祭りの様子が鮮やかに表現されています。
福島による、「帰省できない今だからこその
手紙で里帰りをしませんか」という提案でした。
はじめて企画が制作された2018年には「広告電通賞」での総合賞選出をはじめ、
TCC新人賞、カンヌライオンズ2019 ダイレクト部門ではブロンズを獲得するなど、
国内外で高い評価を受けていました。
その当時のテーマは「イメージの復興」で、
福島の原発や震災の被害地というイメージの復興を図ったものでしたが、
今回はコロナ関係に合わせたものになっていました。
すでに評価されているアイデアを活かして、
時代に合った形でもう一度話題にあげさせるのは難しいことかと思います。
しかし、その時代のニーズとうまく組み合わせることで、
この福島民報のように、更に盛り上げていくことが出来そうですね。

子供の頃、祖母と手紙を送り合っていたことを思い出しました。
自分の字が全く好きではなかったので、昔はなんども書き直して送っていたのですが、
今となってはその書き直しの時間も含めて、
良い思い出の詰まったやり取りだったんだな、と思いました。

CATEGORY

TAG

WRITER

名前

この記事を書いた人

デザイナー

丸山千帆

関連記事

一覧に戻る