ARTICLE記事一覧

ユニフィットの社員が、担当プロジェクトの広告実績を紹介したり、日々感じていることなどを書き綴っています。またマーケッターが市場の動向を切り裂くフリーペーパー『MAiL』や世の中の(生活者の)トレンドやニーズ、価値観を把握し、広告制作へ反映するために行っている定量調査の分析も公開しています。

2021-07-28 MAiL コラム

快眠生活、始めます

皆さんは毎朝スッキリと目が覚めていますか?一日のストレスが朝の目覚ましから始まる方も多いのではないでしょうか。私自身も、毎朝スヌーズ機能を2.3回繰り返して起きるため、スッキリとは程遠い目覚めです。そんな中、友人から教えてもらったのが「光目覚まし時計」。人間の体内時計は強い光を浴びる事でリセットされていき、常に14時間~16時間後に睡眠をとるように設定されているそうです。光目覚まし時計は、時間の30分前から徐々に明るくなっていき、時間になれば音(小鳥のさえずり)が鳴るというシステムで、擬似的に光を浴びることで、目覚めのために分泌されるセロトニンによって気持ちよく目覚められる、とのこと。早速使ってみたところ、「まぶしいなあ」と思いながらも自然に目が覚め、いつもよりスッキリと起きられた気がしました!今後使い続けて、どのような効果が出てくるか楽しみです。テレワークなどの新しい生活様式が浸透し、生活も大きく変化しているなかで、睡眠の質も重要視されています。光目覚まし時計の自然な光を浴びて起きることで、爽快な1日をスタートさせ仕事のパフォーマンスも上げていきたいですね。

目覚まし時計は「音で起きる」が大前提だと思っていたので、目から鱗なアイテムでした。ガジェット一つで生き方が変わる!なんてこともあるのかもしれません。

CATEGORY

TAG

WRITER

名前

この記事を書いた人

アカウントプランナー

半夏美咲季

関連記事

一覧に戻る