ARTICLE記事一覧

ユニフィットの社員が、担当プロジェクトの広告実績を紹介したり、日々感じていることなどを書き綴っています。またマーケッターが市場の動向を切り裂くフリーペーパー『MAiL』や世の中の(生活者の)トレンドやニーズ、価値観を把握し、広告制作へ反映するために行っている定量調査の分析も公開しています。

2022-07-25 MAiL コラム

「そうだ、旅行へいこう!」

Mail6月号でも書かせていただいたように、私は一人旅へ行くことが好きです。もちろん、友人といく旅行も楽しいですが、一人旅では、一人で行かないと気付かない場所や、その場所へ行くことで新しい考えが生まれたりするので、時々思い立ったように旅行にいきます。
観光地として有名な京都は、誰しもが1度は行ったことがあるのではないでしょうか。風情があり、TheJapanという街並みが思い浮かびます。清水寺、金閣寺、伏見稲荷など、歴史ある空間が京都全体に広がっていますよね。
京都と言えば、旅館というイメージもあるかと思いますが、今、ホテルの魅力も溢れています。

①node hotel(京都九条鳥丸)
こちらは、アートコレクターの住まいをコンセプトにしたホテルです。ロビーからアート作品であふれ、これまでのホテルの常識を覆されます。また、部屋にも絵画が飾られており、美術館の中で寝ているような気分にさせてくれます。一部屋ごとに絵が違うので、何度も訪れたい場所です。

②すみや亀峰菴(稗田野町)
これまでに、ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、松田優作なども宿泊したとされている老舗旅館です。約70年前に開業し、現在は日本の伝統を残し、アートと融合されている旅館です。非日常を感じながらもどこか懐かしさを感じることができる空間です。

2つのように、アートを取り入れる宿泊施設が増えてきています。
京都のみならず、近くで探してみるのはいかがでしょうか。

ちなみに、誰かに何かを誘う時、脳は単純なので「そうだ、京都へ行こう」と、つぶやくスタイルは自分が言っているのではと錯覚するのでとても効果的みたいです。なのでおうちなどで一緒に掃除を手伝ってもらいたい時には、「そうだ、掃除しよっと」がいいかもしれないですね。

CATEGORY

TAG

WRITER

名前

この記事を書いた人

アカウントプランナー

藏本由依

関連記事

一覧に戻る

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのために、Cookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することでCookieの使用に同意するものとします。
詳細はコチラ詳細はコチラ

OK